【あえて教えない】

私が約20年間の社会人経験を経て戻った大学院で見てきたことが、「あえて教えない塾」をつくるきっかけとなっています。

 

「塾はていねいに教える場所である」、「子どものわからないにはとことん付き合う」「説明してもわからないのは教える側の責任である」。私はこのように塾の業界に入ったころ先輩に教えられました。若かった私はその教えに心から感銘を受け、そんな塾を作ろうと考え、26歳の頃から学習塾の経営者としての道を歩み始めました。

 

ところが、母校の大学院の門を修士課程の大学院生としてくぐってみると、そこには「教えられ慣れ」している学生さんたちが数多くいました。「わからないことは教えてもらえる」、「わからないことは聞くことがいいことだ」。こんな風に考えている節があるのです。「何でも聞くこと」から始める学生さんたちには、とまどいしかありませんでした。

 

そこであえて教えない塾に作り変えようと一念発起し、約20年間運営してきた暁実力養成センターを「マイプロ勉強室あかつき」と改称し、コースを全て一新しました。

 

小中学生は、個別指導をベースとしたコースを残しましたが、自習の時間も確保してあります。高校生は個別指導を全てオプションとし、自習室利用を軸にした編成に切り替えました。自習室は最大で週4回利用できます。日曜日はパック料金で利用できるお得な時間帯もあります。

 

自学自習を要求する分、オプションで使える動画授業やプリントデータベースなど、子どもの学びをサポートするためのシステムは充実させました。動画授業は中高生の全科目をカバーしています。

 

学びやすい方法を知るには、学ぶ作業を積み重ねるしかありません。当勉強室では、学習指導の経験豊富な心理士が、学びやすい方法を身につけるためのサポートをします。学びやすい方法を知っていることは、その人の一生の財産になるはずです。

20年以上の塾での指導経験を経た今、教科内容を教えるのではなく、学び方を一緒に考えることに全力を尽くす教室を作り上げていこうと考えています。