レストラン東洋軒 創業90年記念企画「レストラン東洋軒と90年を語ろう」

天皇の料理番も務めたオーナーシェフ・宮本四郎が、“観光の神様”油屋熊八に招かれたことを機に、別府でオープンさせたレストラン東洋軒。
別府市民と共に歩んできた90年を、一緒に語り合いませんか?
□ 概 要
大分県初のレストランとして大正15年にオープンした東洋軒の思い出やエピソードを募集します。
家族や大切な人と食事に行ったこと、大好きなメニュー、東洋軒スタッフとの交流、県外のお客様は本家・大分で食べるとり天の感想など…。
東洋軒にまつわる皆様のお話を、店頭でお渡しするハガキもしくははがき、封書、メール等でお送りください。
「昭和部門」「平成部門」に分かれていますので、たくさんのお客様からのご応募をお待ちしています。

「昭和部門」

オープン当初から昭和に至るまでのお話をお聞かせください。当時の写真をお持ちの方も大歓迎です。(写真はご返却します)

「平成部門」

とり天発祥の店として全国的に知られるようになった東洋軒。とり天の話題はもちろん、楽しいエピソードをお待ちしています。
□ 応募者への特典
(1) 応募のお話の一部は、小冊子にまとめてご紹介します。
(2) 応募いただいた方には、抽選でプレゼントを進呈します。
  1名様 お食事券1万円分
  5名様 真空冷凍「とり天王」3千円相当
□ 応募締め切り
平成29年5月10日(水)
□ はがきで応募(官製はがきでも結構です)

□ フォームで応募

おなまえ
年  齢
性  別
男性   女性
郵便番号
おところ
電話番号
E-mail
ご職業
思い出
昭和編   平成編   とり天編