「Windowsメモリダンプ解析サービス」のご案内
豊田孝の「IT談話館」 Windowsメモリダンプ解析を依頼する WinDbgとシステム分析

豊田孝の「IT談話館」

 ご訪問ありがとうございます。本「IT談話館」サイトは個人事業者である「豊田孝」と他2名で運営されています。

 WindowsはSaaSとして提供される時代に入り、その内部は頻繁に更新されています。更新内容の多くは、いろいろな事情から、公にされることはほとんどありません。最新のユーザー空間とカーネル空間に関する信頼できる情報を取得するには、インターネットなどでは語られることのない高度な「Windowsシステム分析技術」が必須とされています。現在のWindows 10のバージョンアップや短周期の内部更新は、性能向上と互換性維持に加え、ML/DL/AI時代への対応と位置付けられています。

 本館主筆の「豊田孝」は「Windowsメモリ内部解析ビジネス」を展開し、次のようなクライアント様に高度なWindows内部解析サービスを提供しています。  Windowsシステム内部は現在、ML/DL/AIへの流れを加速し、すでにBig Dataを満載するメモリ空間化しています。簡単に表現すれば、Windows 10はBig Dataを収集・蓄積する「ソフトウェアセンサー」、という役割を担っています。このソフトウェアセンサーは短周期で更新されています。
 本「IT談話館」はシステム内部のBig Dataを独自解析コードで分析し、システム内の「異様な動き」を検出しています。「異様な動き」にはパフォーマンス低下因子やセキュリティリスク因子をはじめとする多種多様な相があり、Windows内部解析者はBig Dataを高精度に分析するデータサイエンティストとしての性格が急速に強まっています。

 本館主筆の「豊田孝」はDKOM(Direct Kernel Object Manipulation)ベースの解析手法の第一人者であり、BlackHatなどのカンファレンスでプレゼンする海外の先端技術者にも情報を「提供」しています。Windows内部解析技術に精通している専門家の数は、国内はもとより、世界的にも限られています。

 本館主筆の「豊田孝」は、C++の生みの親である「Bjarne Stroustrup」さんと著名なシステムプログラマであった「Matt Pietrek」さんから直接間接に多くのことを学んでいます。

 なお、本館へのご連絡の際には、「豊田孝」は個人事業主である点をご記憶ください。個人事業主との取引が所属内規に抵触する場合、Windowsメモリダンプ内部解析依頼や「オンサイトセミナー」受講申し込み等のご連絡はご遠慮ください。


ビジネスメニュー




 本「IT談話館」一般公開記事は、書籍 「インサイド Microsoft Windows」 程度の基礎知識をお持ちの方々を想定しています。
Windowsメモリダンプ解析技術開発室 ビジネスメニュー

Copyright©豊田孝 2004- 2020
本日は2020-10-25です。