ビジネスメニュー
豊田孝の「IT談話館」 Windowsメモリダンプ解析を依頼する


「Windowsメモリダンプ解析サービス」のご案内


 Windowsシステム内部は現在、ML/DL/AIへの流れを加速し、すでにBig Dataを満載するメモリ空間化しています。本「IT談話館」はユーザー空間とカーネル空間のBig Dataを独自解析コードで解析し、システム内の「異様な動き」を検出しています。「異様な動き」の中には、次のような、システムパフォーマンスの低下、既存アプリの動作異常、あるいは、セキュリティー脅威などが含まれます。



Windowsメモリダンプ解析依頼申し込み
解析内容

  • パフォーマンス低下因子
  • システムクラッシュ発生原因
  • アプリケーション性能評価
  • 長期潜伏型マルウェアの検出と分析
  • メモリフォレンジックス



 現在のWindowsシステムのバージョンアップや内部更新は、性能向上と互換性維持に加え、ML/DL/AI時代への対応と位置付けられます。簡単に表現すれば、Windows 10はBig Dataを収集・蓄積する「ソフトウェアセンサー」、という役割を担っています。このソフトウェアセンサーは短周期で更新されています。
 本「IT談話館」はソフトウェアセンサーとしてのWindowsシステムをいろいろな視点から、独自解析コードで直接、診断・分析する技術力を保有しています。機密データを保持する組織では、メモリダンプを定期的に採取し、メモリ内部を診断・解析することをお勧めします。

 お申し込みは「こちら」から、ご質問は「こちら」、または、「Twitter DM」経由でそれぞれお気軽にお願いいたします。所属チーム内でご協議の上、本館解析サービスのご利用をご検討いただけますと幸いです。

 なお、本館へのご連絡の際には、「豊田孝」は個人事業主である点をご記憶ください。個人事業主との取引が所属内規に抵触する場合、Windowsメモリダンプ内部解析依頼や「オンサイトセミナー」受講申し込み等のご連絡はご遠慮ください。


 本「IT談話館」一般公開記事は、書籍 「インサイド Microsoft Windows」 程度の基礎知識をお持ちの方々を想定しています。
Windowsメモリダンプ解析技術開発室 ビジネスメニュー

Copyright©豊田孝 2004- 2020
本日は2020-10-01です。