本文へスキップ

高次脳機能障害での記憶障害。エピソード記憶、意味記憶の障害

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
交通事故サポートセンター(橋本行政書士事務所)

トップページ > 高次脳機能障害の全て > 記憶障害について

記憶障害とは

記憶障害とは物の置き場所を忘れたり、新しいできごとを覚えていられなくなったりすることです。そのために何度でも同じことを繰り返して質問したりします。

【このページの目次】

1.記憶の分類

記憶とは
記銘(一旦見たり聞いたりしたことを覚え)、
保持
(大事なことは貯めておき)、
想起
(必要なときにまた思い出す)
という一連の現象です

記憶にはいくつかの種類があり、以下のように分けられます。

陳述記憶

  • 陳述記憶は、記憶を具体的に言語やイメージで表現できる記憶で、自分が時間的、空間的に経験した出来事の記憶であるエピソード記憶と、学習することで獲得した知識である意味記憶に分けられます。

非陳述記憶

  • 非陳述記憶は手続き記憶のことであり、作業や技能の工程を体を使って覚えた知識です。手続き記憶は、比較的脳損傷の影響を受けにくいと言われています。


(時間経過での分類は)
即時記憶
近時記憶
遠隔記憶


2.記憶障害とは

日常生活で記憶障害として問題になるのは、陳述記憶であるエピソード記憶と意味記憶の障害です。これを健忘といいます。

記憶の障害である健忘は、原因となる疾患(脳損傷など)の発症、受傷時を起点とした時間軸で、前向性健忘と逆向性健忘に分けられます。

前向性健忘は発症、受傷以後の出来事が思い出せなくなる場合で、最近のこと、症状が重い場合は数十秒前のことでも思い出せなくなります。

逆向性健忘は発症、受傷以前の出来事を思い出せなくなる場合で、その数分、数時間前、数年前に渡ることもあります。

脳損傷によって両方同時に起こることも多いのですが、前向性健忘が記憶障害の患者に最も多くみられる症状です。


3.作話

記憶障害が重度のときには、実際に体験していない出来事などを作ってしまう「作話」を起こすことがあります。周りの人の話や見たことなどの外的な刺激に影響され、過去に体験した自分の記憶の断片を修復して、話が作り出されます

作話は内容がよく変動し、
長引くことは無く、いわゆる精神疾患の妄想とは異なります

対応のポイントは、「その話は違う」などと真っ向から否定すると逆効果ですから、軽く話を受けて「はい。そうですね。ところで・・・」と、話をそらし、作話について問いかけたり付き合ったりしないことです。自分の家族が作話をするようであれば、比較的親しい周りの人たちにも、作話をするということを伝えておくことも、場合によっては必要です。


4.作動記憶(ワーキングメモリ)の障害

話しているうちにどんどん話が横道にそれていき「何の話をしていたんだっけ?」ということが多いばあい、作動記憶の障害の可能性があります。

たとえば「今日の夕飯は何にしようか」という話をしていたとしましょう。

Aさんが「今日はシチューが食べたい」と言ったとして、それを聞いたBさんはそのことをいったん記憶したうえで
「それよりも今日は外食したい」というでしょう。

それに対してAさんは
「じゃあシチューもパスタも食べられるお店に行こうか」などと言い、お互い相手の話を理解しながらコミュニケーションをとっていきます。

このように一時的に会話の内容を記憶して、それを更新し続けることを
作動記憶と呼んでいます。この作動記憶に障害があると、話が横道にそれやすくなったり、行為の途中で何をしていたかが分からなくなるということが起こります。

対応のポイントは、話が横道にそれていることに周囲の人が気づいたら「何の話をしていたんだっけ?」などと話を本筋に戻してあげるとよいでしょう。

また、何かの作業や行為の途中で休憩などを取るときは、「次はここからスタート」などと作業工程や行動をメモに残すとよいと思います。

確認の検査などは、こちらをご覧ください → 「記憶障害の検査


メール相談