本文へスキップ

社会的行動障害とは

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
交通事故サポートセンター(橋本行政書士事務所)

トップページ > 高次脳機能障害の全て > 社会的行動障害について

社会的行動障害について

社会的行動障害とは

社会的行動障害とは、感情や行動に障害が残ることによって対人関係がうまくいかず、社会に適応していけないことです。症状としては以下のようなものです。

意欲、発動性の低下

人や趣味に無関心になり、自発的な行動が乏しく、指示がないと一日中ごろごろして無為に過ごす、などです。

人格機能の低下

依存性や退行が見られます。子供と真剣にチャンネル争いをしたり、ちょっとしたことでも判断を親に任せる、などです。

自己制御の低下

感情コントロールが出来ない状態です。些細なことに興奮して怒鳴り声をあげたり、暴力的になる。ちょっとの時間も待てない。など、反社会的行為が見られます。


固執性

些細なことにこだわり、ひとつのことを始めると止められるまで、場合によっては止められてもやり続けます。手順通り、習慣通りの行動はうまくこなせますが、状況に合わせて変更できないため、新たな問題には対応できません。


対人関係の障害

相手の気持ちを察したり、言外の意味が取れないといった症状で、「空気が読めない」という状態です。





メール相談